人を知る

ヒラヤハウスで
働く魅力を聞きました

#03

工務部清田 聡

スペシャリストとして成長し、縁の下から会社を支えたい。

Q1.ヒラヤハウスに惹かれた理由、入社を決めた理由を教えてください。

昔から「衣食住」に関わる仕事をしたいと考えていました。ヒラヤハウスに入る前は飲食業界で仕事をしていたのですが、「食」ではなく「住」の方に興味を持つようになったこと、さらには、もともと物づくりが好きだったので家づくりに挑戦しようと思い、住宅業界に飛び込みました。ヒラヤハウスとは別の会社で現場仕事をしている時に、渡辺社長に出会い「清田さんならもっと活躍できるからヒラヤハウスに来なよ」と誘われたことがきっかけで入社しました。
渡辺社長とお会いした時に、なぜヒラヤハウスをやりたいと思ったのか、これから挑戦したいこと、組織に求めていることなどを情熱的にお話いただきました。渡辺社長の熱さとビジョンの壮大さ、あとはこれから成長していく若い会社であらゆるチャレンジができることに魅力を感じたのを覚えています。また自分の挑戦したいことを後押しをしてもらえると感じたことも入社の決め手になりました。

Q2.この会社でのやりがい、仕事をする上で大切にしていることを教えてください。

着工から引き渡しまで自分の采配や判断・指示によりを、家ができ上がっていくことにおもしろさを感じます。現場の責任者なので、大工さんや電気屋さんなどさまざまな協力会社の方が、自分の指示で動くため人一倍状況に神経を費やします。現場作業は目に見えてしまうので、少しの気の緩みがクレームにつながります。「これくらいだったらいいか」という油断が、会社の信用に直結するので常にハラハラしていますよ(笑)。しかし、無事家が完成してお引渡しした際のお客様の満足した顔を見ると、これまでの緊張や辛さ、しんどさが吹き飛び「また家をつくりたい!!」と思うから不思議です。
現場監督として仕事をする上では、横の連携を大事にしています。これまでさまざまな家づくりに携わってきましたが、営業・設計・現場監督・大工が一つのチームとして足並み揃えなければ家づくりはうまくは進まないと感じています。逆にチームがうまく機能した場合は、当初よりもいいものができあがります。1+1=2ではなく、3にも4にもなるのがおもしろいです。自分はスタッフの間に入り、いい家をつくるための潤滑油になれるように意識しています。

Q3.今後の目標を教えてください。

実は、私は営業職としてヒラヤハウスに入社したので、現場監督になったのは比較的最近なんです。なので、いい家を素早くつくるための現場の知識を身に付け、施工管理技士の資格を取り、現場のスペシャリストとして成長していきたいです。そして、3年後には役員になり、現場の品質管理や生産性向上、働きやすい風土づくりなど、縁の下からこの会社を支えていくような働き方をしていきたいと考えています。
ヒラヤハウスは、若いスタッフが多く、社員が勢いとやる気が満ち溢れています。風通しも良く、締まるときは締まり、ふざけるときは思いっきりふざけるという独自のカルチャーができています。社内の雰囲気も明るいですし、スタッフ全員が楽しく仕事に向き合っていると思います。しかし、全員が現状に満足しておらず、成長意欲と向上心が強い人が多いですね。スタッフ全員が、いつも何か新しいことを勉強していますし、お客様の状況を常に共有して、より良い仕事ができる環境を整えています。自分自身の可能性を試したい、ビジネスでチャレンジしたい、人間的に成長したいと思う人であれば、活躍できる環境にあるのでぜひ応募してください。

  • 人を知る働き方インタビュー