人を知る

ヒラヤハウスで
働く魅力を聞きました

#02

設計部小林 大士

ヒラヤハウス全体を底上げしていくのが楽しみであり、やりがいです。

Q1.ヒラヤハウスに惹かれた理由、入社を決めた理由を教えてください。

ヒラヤハウスに入社する前は、設計事務所で働きながら設計学校で講師をしていました。その時、学校職員さんに「小林さんの力を活かせる会社があるよ」とヒラヤハウスを紹介いただいたことが入社のきっかけです。
渡辺社長に初めてお会いした時に「情熱的でおもしろい人だな」という印象を持ちました。「日本を変えたいんだ!!」ということを本気で語っていて、この人に付いていったら楽しい景色が見られそうだと思ったんです。また、私は東京で仕事をしていたこともあるのですが、東京には渡辺社長のようなアクティブな方はいらっしゃるのですが、山口県にはあまりいないんですね。だから、山口県で情熱を持った人と仕事がしたいと思い入社を決めました。
ヒラヤハウスはこれから成長していくベンチャー企業なので、企業の成長性が高く、変化の多い会社です。その分、他の住宅会社に比べて大変なことも多いですが、手を挙げれば様々なことにチャレンジさせてもらえるので楽しいです。

Q2.この会社でのやりがい、仕事をする上で大切にしていることを教えてください。

ヒラヤハウスではプランナーがお客様と打ち合わせをしながら、家のプランをつくっていきます。私は、プランナーが描いた図面をもとに、申請や法規、構造のチェック、実施図面の作成を担当しています。現場で職人さんが困らないように、施工用の図面を書いたりですね。それとともに、設計としてお客様と打ち合わせをしてお家を提案したり、自社のモデルルームの設計も担当しています。
いまは設計に限らず会社の仕組みづくりも担当しています。プランナーが使いづらそうにしているソフトを変更したり、生産性が上がるようなシステムをつくることもあります。お客様にお見せする仕様書の見え方を少し変えるだけでも、生産性が上がるんですね。私は、ゼネコンで現場監督をしたり、設計事務所で働いたり、学校で講師をしたりと、住宅に関わるさまざまな経験をしてきました。自分はあまり仕事ができる人ではなかったので、できない人の気持ちや仕草がわかるし、できない人に合わせて仕組みを整えることができます。これまでの豊富な経験を活かして、ヒラヤハウス全体を底上げしていくのが、いまの楽しみであり、やりがいですね。

Q3.今後の目標を教えてください。

お客様への提案が少し苦手な部分があるので、お客様への伝え方の部分を克服したいと考えています。熱意を持ってお客様と話すことや経験・知識があるので性能や良さを伝えることはできるのですが、渡辺社長や営業さんのように人の心を掴むような伝え方ができていないと感じています。知識・経験という長所を活かしつつ、短所を弱点に見えない程度にすることで、より契約数を増やすことができると考えています。
また、設計のコンテストにも挑戦したいと思っています。コンテストに挑戦することで考える時間が増えたり、素材・性能についても学び直す必要があるので、自然と設計のスキルを磨くこともできます。また、ある程度評価されるようになれば、自身もついてきてお客様への提案にもいい影響を与えるんじゃないかと考えています。 ヒラヤハウスは頑張ったら、頑張った分だけ認めてもらえる会社です。自分のやりたいことが、会社にとってプラスであれば任せてくれる柔軟性があり、やりがいのある会社ですので、やる気がある方をお待ちしています。

  • 人を知る働き方インタビュー