人を知る

ヒラヤハウスで
働く魅力を聞きました

#01

プランナー吉本 拓人

手を挙げればチャレンジさせてくれる、若手でも成長できる環境が整っています。

Q1.ヒラヤハウスに惹かれた理由、入社を決めた理由を教えてください。

大学三年生の時に、高校の同級生で現在は共にヒラヤハウスで働いている渡壁に「おもしろい会社があるから見に来ないか」と誘われたのがきっかけです。その時は、すでに別会社に就職しようと思っていたのですが、「そんなにおもしろいなら行ってみようじゃないか」と興味本位で足を運びました。その日に会長と社長に食事に誘っていただき、会社のビジョンや目指しているゴールを聞きました。渡辺社長は中長期のビジョンがはっきりしているし、とても情熱的な人柄だと思いました。そして、「とても魅力的な会社だし、この人と仕事をしたら人として大きく成長できる」と感じたことを覚えています。その後、渡辺社長から「ヒラヤハウスで社会勉強してみないか」と誘われ、インターンを経て入社しました。
インターンの時からそうでしたが、ヒラヤハウスは新人やベテランなどの年次に関係なく、やる気のある人に仕事を任せてくれる環境です。現在は、営業と設計、さらにはWebマーケティングも任せてもらっています。大学の同級生は配属前の研修をしているのに、自分は現場でお客様と直接やりとりをしているので、成長スピードが早いと感じています。もちろん責任は伴いますが、手を挙げればチャレンジさせてくれる社風なので、ビジネスで成長したい!という人には向いている会社だと思います。

Q2.この会社でのやりがい、仕事をする上で大切にしていることを教えてください。

ヒラヤハウスはルールはありますが、判断は個人に移譲されている自由な風土の会社です。「営業部だからこう働く、設計部だからこうじゃないと」という固定概念がなく、一人ひとりが決まったルールを独自に解釈しながら働いています。大企業よりもベンチャーで働きたいと思っていたので、最高にやりがいのある環境だと感じています。もちろん、ルールをはみ出したら怒られますが、ほとんどのことは個人に判断が任されています。一人ひとりで仕事への取り組み方も違い、様々な発想を生みだすことができるのがヒラヤハウスの特徴ですね。
個人としては、お客様が満足のいく家づくりができるように最大限の準備を行い、それをお客様が喜んでくれることにやりがいを感じます。「あのお客様は素材に拘っているから、資料を用意しておこう」「良い土地が見つかったから先にメールしておこう」といったように、先を読んで打ち合わせの前に準備をしておくと、お客様はびっくりされるとともに、とても喜んでくれるんです。家という一生に一度かもしれない大きなお買い物に寄り添えることは、とても魅力ですね。

Q3.今後の目標を教えてください。

営業や設計、担当させてもらっているWebマーケティングのことだけでなく、会社の大きな部分を扱えることに挑戦したいですね。たとえば、新規事業を立ち上げたり、会社を引っ張っていくような役割を任せてもらえるようになりたいですね。あとは、いち早くマネジメントができるポジションになって、若い人を育てていくことに興味があります。学生時代にはずっとサッカーをしていて時にはキャプテンを任されたこともありました。自分で言うのもなんですが、カリスマ性がある方ではないです(笑) 。ただ、後輩にサッカーを教えたり、チームを支えていくことがとても楽しかったんです。会社の中でも、みんなを陰で支えるような存在になりたいと思っています。
具体的な目標としては、いまから2年後には営業部でトップ成績を出したいです。そして、3年後には、自分のチームを持ち、メンバーそれぞれを営業成績トップクラスに育てられるマネージャーになりたいです。そして将来は、ヒラヤハウスのNo.2、もしくは新規事業をつくり、この会社を支えていきたいです。

  • 人を知る働き方インタビュー