HIRAYAHOUSE

お問合せ

NEWS & BLOGお知らせ & ブログ

BLOG

バリアフリーのススメ

近年、バリアフリーという考え方が、世間一般の認識として

広まりだしましたね。

高齢者さんや、ご自身が高齢になった際にバリアフリーだと良い

というイメージを持たれている方も多いかもしれませんが、

実はそうではありません。

バリアフリーにすることで、妊婦さんが安心して暮らせるようになるほか、

車いすに乗ることになった時にもバリアフリーは効果を発揮します。

日本語に言い直すと障壁(バリア)を無くす(フリー)という

意味ですが、具体的にお家にどのようなバリアフリーを設置することが

できるのか考えてみました!

その①「玄関にスロープを設ける」

バリアフリーといって一番イメージが付きやすいのはスロープ

ではないでしょうか。スロープがあることで車いすになった時や

足腰が悪くなった時に、楽に家に入ることができます。

その②「上吊り式のドアを使用する」

昔のドアなどはよく見ると床にわずかながら段差があります。

しかし近年では上に吊るすような形で建具を設置することで

その段差をなくすこともできます。

ほんの小さな段差がつまづきの原因になり、大けがになりかねない

こともあるのです。

その③「やわらかいお風呂素材を利用する」

近年のお風呂の床素材では、やわらかいクッションのようなものがあります。

お風呂は滑りやすく、転倒の危険性が高いのでやわらかいクッションにしておく

ことで転倒時のリスクを軽減してくれます。

ヒラヤハウスのモデルハウスもお風呂の床がやわらかい素材で出来ていますので

ぜひともご来場いただき、ご体感ください!

 

以上3つほどバリアフリーに出来るものをまとめましたが、そのほかにも

たくさんの工夫をすることでより完璧に近いバリアフリーを実現することが

出来ます。

私渡壁は大学では福祉を専攻しておりましたので、もしバリアフリーに興味の

ある方はぜひともモデルハウスにご来場いただき、お話ができればと思います!

 

平屋のことなら平屋専門店へ!

ヒラヤハウススタッフ:渡壁

PAGETOP