HIRAYAHOUSE

NEWS & BLOGお知らせ & ブログ

BLOG

知って損しない。断熱性能+α

皆様おはようございます!

HIRAYAHOUSEです。

 

最近は一段と冷え込んできて、朝府布団から出にくくなってきています。

そんな日々の暮らし。

HIRAYAHOUSEの平屋は、北海道でも建てられる断熱性能で、「冬暖かくて夏涼しい」

本日は断熱についてお話しいたします(^▽^)/

———————————————————————————————————————

夏涼しく冬暖かい

 

HIRAYAHOUSEでは、冬と夏のバランスを考え、建物の向きなどを計算した上で快適な家をご提案します。
窓からの採光(平均日射取得率)をコントロールすることで、一年中快適に暮らすことができます。

 

 


①断熱について

ーーーーーーーーーーUA値とはーーーーーーーーーー

外皮平均熱貫流率UA値は、家全体の熱の出入りのしやすさを表しています。主に外壁や屋根、床などの外皮に求められる性能の数値で、外に出て行く熱量(熱損失量)を外皮等面積※で割った値です。数値が小さいほど熱の出入りが少なく、断熱性能が高いということになります。

※外気に接する床や天井、壁のことです。土に接する土間や、玄関の基礎の立上がりも含まれます。家を包み込むような「外皮」のようなイメージです。

ーーーーーーーーーー熱は開口部から流出しやすいーーーーーーーーーー

一般住宅において、熱は開口部から流出しやすいと言われています。

冬の暖房時に家から逃げる熱のうち、窓やドアを通る量は約半分。

開口部の断熱性を高めると、より少ないエネルギーで効率よく部屋全体を暖めることができます。

 


 

ーーーー平均日射取得率(ηA値)とはーーーーーーーーーー

平均日射熱取得率ηA値は、家全体の太陽光の室内への取込みやすさを表しています。

主に窓に求められる性能の数値で、室内に入り込む日射量を外皮等面積※で割った値です。

数値が小さいほど日射熱の侵入を防ぐことが出来るということになります。

 

           ーーーーーーーーー工夫次第で夏をもっと快適にーーーーーーーーーー

夏は7割以上の熱が窓やドアの開口部から出入りするため、光や熱を遮る工夫が重要になります。

ひさしやルーバーを取り付けることで日射を遮ることができ、遮熱タイプの内窓やすだれを併用することで効果を高めることができます。

 

 

 


断熱性というと夏は涼しそうだけど冬は寒そうだと思われる方も多いと思います。

ですが、断熱性能がある上に+αで、建物の向きや窓を工夫するで毛で「夏涼しくて冬暖かい」という快適な暮らしが出来ちゃいます❕❕

後悔しないお家造りをするために。

是非参考にされてくださいませ(^^♪

HIRAYAHOUSEでは毎日無料相談会やモデルハウス見学会も開催しておりますので、

お気軽にお問合せくださいませ(^^♪

平屋のことなら平屋専門HIRAYAHOUSEへ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

HIRAYAHOUSE防府・宇部・山口。

PAGETOP