HIRAYAHOUSE

NEWS & BLOGお知らせ & ブログ

BLOG

日差しを考えるだけ家の明るさは変わる!

皆様の住まれている家やアパートにも、窓はあると思います。

家…というよりも「住む所」をどうするか決める時に、

日差しの向きというのはとても重要になります。

日差しの向きによって日中の明るさや、断熱性が変わってくるのです。

良く言われることと言えば「西に大きな窓はやめておけ」「リビングは東に窓を設ける」

などですね。確かに西日が入ってしまうと過剰に熱が侵入してしまい、夏には

とても暑い家になってしまいます。

リビングには東から入る日差しが丁度いいと言われています。

いわば住宅を考える上での定石と言えます。

 

ただ、お客様の意向や土地の形状によって、定石を変えることは

めずらしくありません。(ここがオーダー住宅の良い所…と宣伝しておきます。笑)

例として「見たい風景が西側にあり、どうしても西側に大きな窓が欲しい」

ということであれば、窓に庇をつけたり、シェードをつける前提でお話を進めさせて

頂きます。

 

「西に窓なんて絶対にダメだ!!」と言い切るのが良い提案なのか…

デメリットはあったとしてもカバーする形で要望を叶えるのか…

永遠の課題ですね💦

 

因みに春夏秋冬によって太陽の上り方も変わってきますので、参考程度に

掲載しておきます。

皆様のご参考になれば幸いです。

 

平屋の事なら平屋専門店へ!

平屋の専門店:ヒラヤハウス

 

PAGETOP