HIRAYAHOUSE

お問合せ

NEWS & BLOGお知らせ & ブログ

BLOG

窓の形による機密性能の違い。

こんにちは!ヒラヤハウスプランナーの渡壁です!

 

 

意外と知られていませんが、窓の気密性能はグレードだけでなく

形によっても気密性能が変わるというのはご存じでしょうか?

 

縦すべり窓・横すべり窓・片引き窓・上げ下げ窓・引き違い窓・ルーバー・FIX窓

と窓の形は様々あるのですが、その中でも気密性が高い順にご紹介いたします。

 

①FIX窓

開閉機能がなく、採光を取るために使われる窓です。

開閉機能がないため、隙間がなく気密性が一番高いです。

 

②縦すべり窓・横すべり窓

開閉機能があるのですが、ピタッと閉まるため気密性が

確保できる窓とされています。主に採光も風も取りたいときに採用します。

 

③片引き、上げ下げ窓

片引き窓と上げ下げ窓は、どうしても①②の窓に比べて

気密性が下がってしまいます。

 

④引き違い窓、ルーバー窓

ルーバー窓などはウロコ状になっており、構造上どうしても

気密性が下がってしまいます。家の1部分ないし2部分のみに

使うなど、考えた方が良いと思います。

 

以上、気密性ランキングでした。

こういった所を1つ1つ配慮していく事で気密性の良い家が完成するのですね。

皆様もお家づくりの際に、窓の形を考えながら間取りを決めていくことをお勧めします!

 

平屋の事なら平屋専門店へ!

平屋の専門店:ヒラヤハウス

PAGETOP